20代が選ぶならずっと使えるワンピースタイプの喪服

学生の頃は喪服を持っていなかったので、制服や黒のスーツで代用していました。就職してから、社会人のマナーとして喪服を買おうということになりました。

スーツストアや百貨店など、いろんなお店に喪服が売っていたので喪服をどこで買おうか悩みました。安すぎると年齢を重ねた時にみっともなく見えるのではないか、逆に高すぎると予算の関係上厳しい…と悩んでいたその時、ちょうどお気に入りの洋服ブランドのファミリーセールの招待券が届いたので、そちらで購入することにしました。

喪服は何回も買い直すものではないので、年齢を重ねても違和感がないものを購入しようと思っていました。
多少年月が経っても流行に左右されないと思い、シンプルでオーソドックスなものを選びました。事前に20代の喪服の選び方をネットで調べて買いに行ったのですが。

パンツスタイルとスカートスタイルと悩んでいると、販売員の方からアドバイスがありました。購入した時は20代だったのですが、30代、40代になるとお腹周りが気になってきますよ、というアドバイスをもとに少しゆったりめのワンピースタイプの喪服を購入することにしました。パンススタイルだとお腹周りが気になりますが、ワンピースタイプだと多少体型が変わってしまっても目立ちません。

スカート丈はお店に並んでいるものは膝丈より下のものばかりでした。座った時「膝が出ないようにするためです。結局購入したのはふくらはぎくらいまで丈があるものを選びました。あまり肌が見えないものの方がいいと思ったからです。

ボレロ付きのものを選びました。喪服が必要になるタイミングはどの季節で来るか分からないので、上着があったほうがいいと思ったからです。ボレロにはリボンが付いていました。20代だとまだいいけど、年齢を重ねるとちょっと可愛すぎるかなと思っていると、なんとリボンは取り外しができるとのことです。リボンを取り外すとシンプルなスタイルになるので、年齢を重ねてもおかしくないものでした。

まとめると、私が選んだ喪服はボレロ付きのワンピーススタイルです。流行に左右されないシンプルなものなので、ずっと活躍してもらうつもりです。